オリゴ糖は糖分の一つで、砂糖よりも甘さが控えめでありカロリーも低いことからダイエット食品として注目されるようになりました。それが、オリゴ糖には血糖値や中性脂肪を下げたり虫歯予防の効果があるということが言われるようになり、さらに腸内のビフィズス菌の増殖を促進する効果もあるということで注目され積極的に摂取をする人が増えています。

オリゴ糖はビフィズス菌の餌となるため、同時に摂取することで腸内の善玉菌をより増やすことができるとされています。オリゴ糖は消化吸収がされにくく、腸内まで届くことができるので、善玉菌のエサとしてはとても良い素材なのです。同時に摂取する方法としてヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べることや同じように善玉菌のエサとなる食物繊維と合わせて摂取することが良いとされています。

特にヨーグルトにオリゴ糖を混ぜるのは乳酸菌やビフィズス菌とオリゴ糖の同時摂取ができ、なおかつ簡単に摂取ができるので便秘に悩んでいる人にはオリゴ糖を取り入れた食生活をおすすめいたします。この時、オリゴ糖にもビフィズス菌にも複数の種類があり、その人にあったものがあります。そこで、より自分に合ったものを摂取するために、複数の種類のオリゴ糖やビフィズス菌が含まれているものを選ぶことがオススメです。

Comments are closed.