ビフィズス菌と一言で言ってもその中には約30種類のきんがあります。人間の腸の中にはそのうちの10種類がおり、人によって生息している菌が違ったり腸内環境に適したビフィズス菌は異なります。ただし、ビフィズス菌が腸内にいることで得られる効果というのは基本的に誰にとっても同じです。ビフィズス菌は腸内で糖を分解する際に乳酸と酢酸を作ることで腸内が酸性になり悪玉菌の繁殖を防ぐ効果があります。悪玉菌が減ることで腸の動きが活発になり便秘を解消したり消化吸収も効果が上がります。

また、腸というのは免疫機能が集中している場所であり、腸の動きが悪くなると免疫機能も低下します。そこで、ビフィズス菌が腸の免疫細胞の活性化をして免疫力を高めて病気の予防をしてくれます。同じく免疫機能が向上することでアレルギーの症状緩和にも効果があります。

他にもコレステロールを下げて血中の脂肪分を落としますし、腸内環境の改善で便秘が解消されて代謝も上げることができます。そのためアンチエイジング効果も高いと言われています。肌や血管が若返ることで美肌を手に入れることもできますしなおかつダイエット効果も期待できます。このようにビフィズス菌を摂取して腸内環境を整えると良い効果がたくさん得られるのです。

Comments Are Closed!!!