私たちの腸の中には数百種類、数百兆個以上もの細菌が存在していると言われています。細菌と聞くと病気の原因となりそうに思われがちですが、人の体に良い影響を及ぼすものもたくさんあります。どちらの細菌も体にとっては必要で、良い細菌と悪い細菌とが共存することで腸内が良い状態が作られています。この腸内のバランスは加齢や食生活の乱れやストレスといったもんで変動してしまい、体調を崩す原因となります。そこで、腸内環境を保つために様々な取り組みをすることが必要です。

腸内環境を良くするために必要なものの一つがビフィズス菌です。腸内にある善玉菌の99パーセントはビフィズス菌であると言われており、残りが乳酸菌だと言われています。ビフィズス菌は乳酸や酢酸といったものを生成して悪玉菌が増えることを防いで腸内環境を整えます。私たちの腸の中には1兆から10兆ものビフィズス菌が住んでおり、私たちの腸の中の状態を良い状態に保つためにはビフィズス菌の存在は不可欠です。

二人に一人が便秘をしていると言われ、便秘が若年化もどんどん進んでいると言われている現代では、ビフィズス菌が腸内に不足している人もとても多いのです。そこで、ここではビフィズス菌を増やすために行うべきことと、合わせてオリゴ糖を摂取することが効果的な理由についても紹介をしていきます。オリゴ糖は近年腸内環境を整えるのにとても良いとされ健康食品にも多く含まれています。ぜひ正しい摂取方法を身につけて効果的に腸内環境を整えるように心がけましょう。

Comments are closed.